KAMUI BLOG

まったりと。そしてひっそりと

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

風立ちぬ

 
個人的に宮崎映画の印象は、素人声優や物語は本当にボロボロだけど、
想像力あふれる映像の世界観とアニメーションで救われていると言う感じ。

子供向けだと思っていたポニョなども生き物の様な波や死後の世界を思わせる不思議なシーンなど何だかんだ楽しめたので今回も…と思ったのが間違いでした。

人間宮崎駿だ何だ言い出してる様に今回は想像力溢れる映像やアニメーションは皆無で物語を重視した作品になってる…なら良かったんですが、宮崎映画の物語というのはあってないようなものなので、話の展開も人の心の動きも伝わってこず非常に苦痛な作品でした。

宮崎駿の力が衰えて来てるとか言われたりもするけど、、今回は彼の魅力的な部分をすべて削ぎとってしまった作品と言う感じでした。
 

3DS手術

 
キレートレモンを3dsに浸すと言う事故を起こしてしまった結果、電源が入っていたにも関わらず一命は取り留めたものの、ボタンが糖でくっ付くという症状が出てしまったのでオペ開始。

3dsfix.jpg

今のゲーム機ってかなり精密なのね~。結局Rボタンだけ手入れすることは出来たがABYXの方は手をつけられず。まぁ仕方ない...。
 

ほぼ初めての小説

 
そもそも小説を読まなかったのは、長文を読むのが苦手で同じ行を何度も読んでしまったり、途中で意識がぶっ飛んで読んだ筈の文章がまったくと言って良いほど、頭に入っていなかったりで挫折してしまうからでした。

最近映画や漫画アニメなどを見ていて物語がお決まりだったり雑だったりしたので、もしかしたらあんな何百ページに及ぶ長文を喜んで多くの人々が読むと言う事は素晴らしい物語がそこにはあるんじゃないか!?

なんて思っていた矢先に知人と読書をするか?見たいな話になりその流れでお借りしてしまいました。


「ダイイングアイ」東野圭吾

「雨村慎介は仕事帰りに何者かに頭を殴打され、瀕死の重傷を負う。数日後、彼は意識を取り戻すがその中で重要な記憶の一部が欠落していることに気づく。それは自らが運転していた車で死亡事故を起こしたということだった。彼は記憶を呼び起こそうとするが、以前に自分が何をしようとしていたのかを思い出せないでいた。そして、彼の周りでは怪しい動きが。同居していた女の失踪、そして、謎の女の登場。」

あとには引けない400ページ!読んでやりました1週間ほどで。思った以上に面白く全く苦になりませんでした。

作者の表現が上手いのか飽きる事無くペラペラと。気づけば読破した達成感が残りました。

しかし、肝心のストーリーはと言うと、特に変わったところは無くむしろ若干腑に落ちなかったり。
考えてみれば小説から映画になってるものもかなりある訳で、小説だからといって優れた物語があるわけじゃないんですよね。

ただ、映像のない読書ならではの楽しさも感じることが出来るようになりました。

そこに到達するまで長かったのう…
 

ドッグラン!

 
また行って来ました!大体子供が居て一緒に遊んでくれます。
うちのは積極的に来られるのは苦手みたいで、かわいらしいコーギーからも逃げ回ってました。

その後ホームセンターに行ったんですがちょっと迷惑を掛けてしまいました…お店の方スイマセン。

P1240608.jpg

P1240977.jpg
 

年貢

 
の納め時よ。でも何に対する年貢なんですかね?

その日は花見をしたり靖国に御参りに行ったりとても良い日になりました。

P1230299.jpg
ブログ内検索


プロフィール

kamui

Author:kamui







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。